卵内ワクチン接種

動画を見る
test
高品質な卵内ワクチン接種の提供

近年ますます拡大を広げる養鶏業界において、孵化場における衛生管理は今まで以上に重要な課題となってきています。

養鶏業界の成長に伴う課題の中には、孵化率の向上、衛生設備の改善、疾病対策の改善などがあります。 これらすべてが競争の激化とコストの上昇と同時に起こるため、家畜生産者は高度な技術と柔軟なサポートを提供することのできるパートナーが必要となります。

当社は鶏の健康を改善し、生産を向上させるために、コストパフォーマンスの良い高度な卵内ワクチン接種機器を開発し提供することをお約束致します。

社会貢献活動
当社の社会的責任

当社は、企業としての社会的責任および利害関係者に対する責任を果たす義務があります。
これには、従業員、顧客、サプライヤー、およびその他の関連する関係者が含まれます。 また、持続可能な社会の維持・改善のため環境への配慮も大事であると考えております。

詳細はこちら
SANOVO VAX In-Ovo Vaxination brochure

To have a more in-depth look at this interesting technology, please download our brochure.

Download
動画を見る
ノウハウ
成功へのガイド
卵内ワクチン接種について理解を深める

卵内ワクチン接種は鶏の健康を改善し、生産の向上を図ることに直接繋がる、鶏を守るための迅速、効果的かつ優しい方法です。卵内ワクチン接種は3つのPに乗っ取り開発されました。それは、予防(prevention)、保護(protection)、生産(production)です。

孵化率の向上とコンタミのリスクを減らすために様々な技術が盛り込まれています。

世界トップ技術を駆使した卵内ワクチン接種機をお探しの方は、当社のサノボVAXをお試し下さい。

SANOVO VAX In-Ovo Vaxination brochure

To have a more in-depth look at this interesting technology, please download our brochure.

Download
機械の仕組み:
1.

インキュベーターと孵化トレイをマニュアルまたは自動でサノボVAXシステムに挿入します。

2.

針がポジションに配置された卵の位置に移動します。針が殻を通して注射を行います。

3.

HPVDSシステムの適用により各卵に同じ量のワクチンが注射されます。量は0.05mlから0.1mlの間でご要望に合わせて調節が可能です。

4.

ワクチン接種を終えた卵は自動的に孵化用バスケットに移動されます。この画期的搬送システムは卵の中の圧を変えることはありません。これにより、コンタミのリスクを抑え、細菌や汚染された空気の卵内への侵入を防ぎます。

5.

針とインジェクターは一回注射をする毎に消毒が行われ、最高水準のバイオセキュリティを提供します。