CIP

test
Cleaning-In-Place

 主要な食品産業分野における優れた製造プラクティス(GMP)では、使用前に装置を清掃する必要があります。 洗浄プロセスの主な任務は、製品と接触するすべての部品から残留物および汚染物質(物理的、化学的、微生物学的)を除去することです。

 

液状卵の分野に関しては、清掃や一般的には衛生的に適切な結果を得るためには、特定の知識や数多くの要件が考慮されなければならない。設計、衛生設備、設備の設置および自動化に関する基本的な要件のいくつかは、特に新工場では注意深く検討する必要があります。最適化とは、最高の品質レベルを維持しながら、洗浄コスト(化学物質、時間、水、電力など)を削減するための最高のコンポーネントの組み合わせです。

CIP(Cleaning-In-Place)は、手動操作(分解および再組立て)を減らすように設計された自動洗浄および消毒システムです。既存のプラントに統合することができます。別の部品はまだ汚染されずに生産されています。

CIPは工数、洗浄液、エネルギー、水、排水などの面でお金を節約するように設計されている必要があります。それは、提供する設備の適切な清掃と衛生を保証しなければなりません。優れたCIPは、常に洗浄効率、省エネルギーと水消費の間の最良の妥協でなければなりません。

製品

Various setup of CIP systems

Depending on the type of controls (manual or automatic), the type and distance of the utilities to clean and the type of detergent SANOVO has various setups of CIP systems, based on:

  • Number of tanks depending on the type of cleaning solutions
  • Automation level (manual or automatic)
  • Tank capacity depending on the pipe dimensions and the complexity of the plant
  • Flow rate depending on the type of utilities to clean
  • Various optionals for the optimisation of the cleaning procedures
A good cleaning procedure is based on:
A good cleaning procedure is based on:

 

  • Flow rate (a general rule of thumb says between 1.5 - 3.0 m/s (4.9 -9.8 ft./s) in the pipes)
  • Temperature (depending on the cycle and type of chemicals)
  • Pressure (important for the cleaning of the tanks or containers)
  • Concentration (quantity of acid and alkaline)
  • Cleaning time (depending on the step in the cycle)

 

US
お近くのスペシャリストにお問合せ下さい
ロベルト・コラヴィッティ

ロベルト・コラヴィッティ

製品管理部長
イタリア代表取締役社長

  • +39 335 5462093
ビル・ケリー

ビル・ケリー

営業部長

  • +1 574 551 6104
ジェフリー・ゴワード

ジェフリー・ゴワード

地方販売部長

  • 1-623-606-5694
クリス・ロング

クリス・ロング

地方販売部長

  • +1-574-527-5100

  • +1 248 207 9822