社長からのメッセージ

ご挨拶

 

サノボテクノロジーグループは、幅広く展開している事業の中でも、卵産業自動化のニーズはグローバルリーダーです。

日本では、1980年代から卵産業への誇りあるサプライヤーであり、日本市場への当社の長い取り組みは、私達の品質とサービスを評価するお客様によって認められております。

サノボテクノロジージャパンは、これまで液卵分野に焦点を置いていましたが、近年、パッキング、グレーディング、およびロボットオートメーションもカバーするようになりました。国際的に認知されているブランドRame- Hartと共に、孵化場のIn-Ovoワクチン接種と、人ワクチンの接種および採取の両方において、ワクチン産業を促進します。

2016年末にサノボテクノロジージャパンの舵取りを引き継いだ私は、地域のニーズと要求を円滑にするために、自社製品、及びサービスを絶えず改良することによって、日本の卵産業を支える地元組織を費用効果の高い方法でご支援、ご指導することを非常に前向きに考えております。

サノボテクノロジーグループは、デンマークのオーデンセに本社を置き、デンマークの有名な童話作家アンデルセン(Hans Christian Andersen)の生まれ故郷です。彼は卵や家禽について多くのおとぎ話を書いています。おそらく最も有名なのは、”みにくいアヒルの子(the Ugly Duckling) “でしょう。他にも”おおきなおとしもの(the woman with the eggs) “や、短編小説”まったくその通り! (It’s Quite True)”等があります。 サノボテクノロジージャパンでは、お客様が真のおとぎ話のようにビジネスを成功させるために努力して参ります。

 

代表取締役社長

ミケル・ニルセン

nielsen

ミケル・ニルセン
代表取締役社長

メールでお問い合わせ
+81 (0) 70 3309 1594